「建築は生きている - 吉村順三建築のいま」
2011年1月26日(水)~2月6日(日)まで

「建築は生きている - 吉村順三建築のいま」

本展では、吉村が追求した、住まう人一人ひとりの「心地よさ」を少しでも皆さんに感じていただけるよう、家具の展示をはじめ、皆さんが体験できる現役の吉村建築を紹介。


開催場所
文化のみち撞木館(しゅもくかん)

住所
名古屋市東区撞木町2-18

開催期日
2011年1月26日(水)~2月6日(日)まで
10:00から17:00 【1月31日(月)休館】

入館料
大人200円

関連企画
講演会 : 「吉村順三の建築を語る」
開催日 : 2011年1月29日(土)
開催時間 : 13:30~15:30
開催場所 : 文化のみち百花百草
住所 : 名古屋東区白壁四丁目91
講師 : 藤森照信(建築史家、建築家、東京大学名誉教授、工学院大学教授)
聴講料 : 2,000円(本展特別冊子。百花百草入館料含む)
主催 : (社)日本建築家協会(JIA)東海支部愛知地域会


座談会 : 「吉村順三の家具を語る」
開催日 : 2011年2月5日(土)
開催時間 : 14:00~16:00
開催場所 : 文化のみち撞木館
講師 : 丸谷芳正(家具デザイナー、富山大学芸術文化部教授)
聴講料 : 無料(ただし要入館料)

このページのTOPへ戻ります