食器情報ページのロゴ

アラビアの食器を買取業者で売ったときの買取価格目安をご紹介

アラビア食器買取情報

食器買取で依頼したアラビアの買取情報を紹介します

アラビア食器の買取価格について

僕が「おすすめ食器買取業者福ちゃん」へ買取依頼を出した食器たちの中に「アラビア」のブランド食器がありました。 アラビアは、フィンランドで生まれた食器ブランドで、近年、北欧食器のブームがあったことから特に注目を集めました。特にアラビアの古い食器はヴィンテージとして高い価値がつく場合もあり、食器買取業者でも問い合わせ対象として広く取り扱っているそうです。
ここでは、あくまで一部&ゆっくり更新ではありますが、食器買取業者で買取してもらったアラビアの食器の買取価格を紹介していきます。

アラビア食器「バレンシア」プレートの買取価格について

アラビア食器「バレンシア」買取価格

食器買取業者で買取してもらった食器のひとつに、アラビアの「バレンシア」という食器があります。我が家にあったアラビアのバレンシアは、あまり大きくないプレートが6枚でした。

バレンシアは、古いアラビアの食器の中ではかなり知られる有名シリーズらしく、長い間生産が中止されていて、ヴィンテージ食器としての価値が上がったそうですね。 僕はヴィンテージ食器にはあまり詳しくないのですが、知人に北欧食器が好きな友人がいたのでアラビアというブランドは知っていました。

食器買取でのアラビアのバレンシアの買取価格は、プレートが6枚で15000円の買取価格でした! 古い食器にしては綺麗な状態だったこと、そして裏面にデザイナーのイニシャルが入っていることから、この買取価格になったそうです。 アラビアのバレンシアは、人気の高い食器のため復刻版も作られていたそうなんですが、そちらだと絵付師のサインは入っていないみたいです。

昔に販売されていた食器は、その希少価値から高い買取価格がつく場合があり、中にはカップ1客で何万円もの買取価格がつく物も珍しくないそうです。

アラビアのブランド食器「バレンシア」とは?

アラビアのバレンシアについて

アラビアのバレンシアは、1960年誕生し、2003年に販売が終了するまで、長きに渡って愛されてきたブランド食器のシリーズです。

食器の名前「バレンシア」は、その名の通りスペインのバレンシア地方に基づくものになります。スペインのバレンシアは、特に焼き物が盛んだったので、そのイメージに基づいて「バレンシア」が生まれました。 バレンシアは元々高級な食器として販売されたらしく、他のアラビアの食器と比べても、当時から価格帯は高級だったみたいですよ。

バレンシアのデザインを担当したのは、ウラ・プロコッペという女性で、数多くのデザイナーが在籍していたアラビアの中でも、とりわけ有名なデザイナーさんなんだそうです。

アラビアのバレンシアは、最初の方に生産されたものにだけ、手描きのサインが記されています。その中に”UP”という文字が確認できますが、これはウラ・プロコッペのイニシャルに該当します。

アラビア食器「ルノ」カップの買取価格について

アラビア食器「ルノ」買取価格

今日は、食器買取業者で買取してもらった食器「アラビアのルノ」の買取価格をご紹介します。

アラビアのルノは、春夏秋冬のテーマでデザインが作られているブランド食器で、春のスプリングドロップ、夏のサマーレイ、秋のオータムグロー、冬のウィンタースターの4種類があります。

僕の実家にあったアラビアのルノは、夏を描いたサマーレイのシリーズで、鮮やかな色彩がとても特徴的な食器でした。食器買取業者でのアラビアのルノーのサマーレイの買取価格は、カップ1客あたり1500円の買取価格をつけてもらうことができました。カップソーサーは、僕の家には2点あったので、合計で3000円の買取価格をつけてもらったことになります。

食器買取業者の査定の方に「アラビアのルノシリーズは、季節によって買取価格や価値は変動するんですか?」と聞いてみたんですが、季節によってそれほど買取価値が変動する事は無いそうです。 どちらかと言えば、食器買取業者ごとの在庫状況などによって、その時に付けられる買取価格が決まるタイプの食器のようでしたので、アラビアのルノを高く売りたい場合は、できれば複数の買取業者で相見積もりを取られることをお勧めいたします。

アラビアのブランド食器「ルノ」とは?

アラビアのバレンシアについて

日本で北欧食器のブームがあったのはまだ記憶に新しいかと思います。イッタラやアラビア、ロールストランドなど数々の北欧食器が日本でも大ブームを起こしました。アラビアは、1873年にフィンランドの首都ヘルシンキで誕生した食器ブランドで、他にも上記のバレンシアなど、有名な作品が数多く取り揃えられている食器ブランドです。

そんなアラビアが生んだルノは、4つの季節を描きフィンランドの四季折々の植物を表現した食器シリーズです。アラビアの「ルノ」とはフィンランド語で「詩」と言う意味を持っていて、その名の通り独創的でどこかメルヘンチックな世界観が広がっている素敵な食器でした。

アラビアのルノには春夏秋冬の4つの季節があるので、お誕生日の月や記念日の季節などで好みのデザインを揃えられることや、季節に応じてプレゼントとしても活躍してくれる食器であることが特徴です。モダンかつ洗練されていて、とても人気の高いブランド食器ですので、食器買取業者でもアラビアを買い取り対象としている業者は数多く存在しています。

ページ上部へスクロール