食器情報ページのロゴ

マイセンの食器を買取業者で売ったときの買取価格目安をご紹介

マイセン食器買取情報

食器買取で依頼したマイセンの買取情報を紹介します

マイセン食器の買取価格について

僕が「おすすめ食器買取業者福ちゃん」へ買取依頼を出した食器たちの中に「マイセン」のブランド食器がありました。マイセンは母が西洋食器集めの一貫として多数収集していたのですが、マイセンは食器買取でも特に買取価値が高く、再販売の際も人気ですぐ売れてしまうとのことだったので、食器買取でも買取価格相場がかなり高いブランドだそうです!
ここでは、あくまで一部&ゆっくり更新ではありますが、食器買取業者で買取してもらったマイセンの食器の買取価格を紹介していきます。

マイセン食器「アルペンフローラ」カップソーサーの買取価格について

マイセン食器「アルペンフローラ」買取価格

食器買取業者で買取してもらった食器のひとつに、マイセンの「「アルペンフローラ」という食器があります。 マイセンのアルペンフローラは、「波の戯れ」という食器をベースにして、アルプス山脈の高山植物が描かれています。 フォルムや絵付けといい、とても幻想的な食器で繊細な食器だと思いました。

僕らが買取してもらったマイセンのアルペンフローラは、カップソーサーが2客、プレートが1枚でしたが、食器買取でのマイセンのアルペンフローラの買取価格は、合計2万円の買取価格になりました! 査定員の方に希望して詳細な内訳も出してもらったのですが、マイセンのアルペンフローラの買取価格は、カップソーサー1客あたり6000円の買取価格をつけてもらっていました。

マイセンのアルペンフローラは、とても綺麗な食器だな!と思ってはいたのですが、母はどちらかというと西洋アンティーク風の豪華な食器デザインを好んでいたこともあり、その中で見ると、アルペンフローラは少し地味?に見えていました。 なので、これほど高い買取価格が付くとは思ってもみなかったので、自分の審美眼はあまりアテに出来ないな、と思ったのでした・・・。

マイセンの「アルペンフローラ」プレートの買取価格

マイセン食器「アルペンフローラ」買取価格

マイセンのアルペンフローラのカップソーサーと一緒に、アルペンフローラのプレートも食器買取に出しました。マイセンのアルペンフローラのプレートは、こちらも波の戯れという食器がベースになっていました。カップソーサーの方とは違う花が描かれていたんですが、どちらも素敵な食器でしたよ。 ネットで調べたんですが、マイセンは今でも絵付けの一点一点が職人の手描き絵付けにて施されているんですね。

食器買取でのアルペンフローラのプレートの買取価格は、1枚で8000円もの買取価格を付けてもらうことが出来ました! とても状態が良くて綺麗だったこともあって、この買取価格がついたみたいです。確かに、僕もこのプレートが食卓に出てきたところを一度も見たことがない…。

マイセンは基本的な買取価格相場が高めのブランドで、さらに付属品(箱など)がついた状態だと、再販価値も高くなるため、買取価格も高く付けられるとのことでした。 綺麗なアルペンフローラのプレートがあれば、一度食器買取業者に査定してもらうのも良いと思います。

マイセンのブランド食器「アルペンフローラ」とは?

マイセンのアルペンフローラについて

マイセンのアルペンフローラは、マイセンのザビーネ・ワックス女史が考案した「波の戯れ」という形を用いた食器シリーズです。 とても個性的な形でこれぞマイセン!といった感じですが、この波の戯れは、21世紀に入ってから作られたデザインだそうです。でも、マイセンといえばこのシェイプ、というのが定着している方も多いのではないでしょうか? 波の戯れは、このアルペンフローラの他にも、双剣マークやそよ風シリーズなどにも使われていて、どんなデザインにも映える素敵な食器です。

アルペンフローラのカップは、自宅ではなく、母の知人にも使っている人がいて、そこでお茶をごちそうになったときに出てきたカップでもありました。 アルペンフローラに使われている波の戯れのフォームは、実は食器愛好家の中ではその「飲みやすさ」にも、評判が集まっている食器なんだそうです。飲み物の切れが良く、口当たりもやわらかいので、緑茶やほうじ茶なんかにも使いやすいんだとか。 マイセンのアルペンフローラは、まさに「用の美」を体現したブランド食器ではないでしょうか。

マイセン食器「ブルーム」カップソーサーの買取価格について

マイセン食器「ブルーム」買取価格

マイセンの中で、「ブルーム」という花が描かれた食器シリーズがあります。 食器買取業者の査定員の方によると、このマイセンの「ブルーム」、描かれている花の数によって価値・買取価格が変動するそうです。

マイセンのブルームの花の数は、1つ花から7つ花まで存在していて、花の数が増えれば増えるほどに価値が高くなり、買取価格も高くなっていくそうです。 ですが、マイセンのブルーム買取で実際に買取依頼が多いのは、1つ花~3つ花くらいまでで、5つ花を超える食器を持っている方はほとんどおられないとのことでした。

また、マイセンのブルームの中でも、浮き彫りが施されているタイプは価値が高く、買取価格も高額になるとのことです。

僕が食器買取で買取してもらったマイセンのブルームのカップは、1客で1万円の買取価格がつきました。 花がいくつかは数えてなかったんですが、大体3つか4つくらい描かれていたと思います。

マイセンのブルームは、花の数や買取の個数によって、買取価格が10万円を超えることも多いそうです。マイセンの中でも人気の高いシリーズですが、食器によって買取価値が変わるそうで、買取の際はプロの食器買取業者にお任せすることをおすすめします!

マイセンのブランド食器「ブルーム」とは?

マイセンのブルームについて

花が美しく配置されたマイセンの「ブルーム」は、描かれている花の絵付けから、別名「ベーシックフラワー」とも呼ばれることもあるシリーズです。 描かれている花の数は1つ~7つまであり、花の数が増えれば増えるほどに絵付けの手間がかかるため、価値や買取価格も高額になる傾向にあります。

また、レリーフが入っており金彩仕上げのシリーズも価値が高く、描かれている花の数が少なくても、こちらも買取価値が高くなる傾向にあるそうです。

マイセンの絵付けを学ぶうえで、一番先にペインターが取得するのが花の絵だそうです。花の絵はそれほどマイセンにとっては基礎であり、欠かすことのできないデザインなのだと覗えます。

マイセンは、このブルームの食器の他にも花の絵付けを沢山用いており、例えば他のシリーズの食器にも、ワンポイントとして花が用いられることはよくあります。マイセンのブルームの中でも、バイオレットやブルーなど単色で描かれている食器があり、また雰囲気も異なります。マイセンのバリエーション豊かな表現方法は、愛好家を魅了して止みません。

ページ上部へスクロール