食器情報ページのロゴ

ウェッジウッドの食器を買取業者で売ったときの買取価格目安をご紹介

ウェッジウッド食器買取情報

食器買取で依頼したウェッジウッドの買取情報を紹介します

ウェッジウッド食器の買取価格について

おすすめ食器買取業者「福ちゃん」で買取してもらった食器の中には、有名食器ブランド「ウェッジウッド」の食器もいくつかありました。ウェッジウッドといえば、日本で一番有名なブランド食器なのでは?と思うほど人気の高いメーカーですよね。ジャスパーなどの歴史的作品を数多く創出した他、最近は有名デザイナーとのコラボで新しい世界を魅せてくれます。もちろん、ウェッジウッドは食器買取業者でも買取対象となっているブランドです!
ここでは、あくまで一部&ゆっくり更新ではありますが、食器買取業者で買取してもらったウェッジウッドの食器の買取価格を紹介していきます。

ウェッジウッド食器「トンキン」カップソーサーの買取価格について

ウェッジウッド食器「トンキン」買取価格

食器買取業者で買取してもらった食器のひとつに、ウェッジウッドの「トンキン」という食器があります。 ウェッジウッドのトンキンは、豪華絢爛なデザイン・美しい金彩と、まさに贅を尽くした魅惑的なデザインです。トンキンはウェッジウッドの中のあらゆるシリーズの中でも、最高級ラインに位置づけられているらしいですよ!

ですが、トンキンは今は廃盤となってしまい、新しく入手しようと思えば中古品や新古品に限られてしまうそうです。こんなに素敵なデザインなのに、なんだか勿体ないですよね。
そのうえ、ウェッジウッドのトンキンは、もともとあまり生産数が多くなく、現行だった時代も希少品として重宝されていたそう! 今も昔も、幻の高級食器だったんですね。

食器買取業者でのトンキンの買取価格は、カップソーサー1客あたり12000円の買取価格が付きました!特に状態の良いものは15000円の買取価格を付けてくれたので、想像以上に高く売れて大満足です! 食器買取業者の査定員の方いわく、トンキンのデザインはここまで金彩が豪華で、さらにベースも濃い色なので、キズがついてしまうととても目立ってしまうそうです。なので、状態が良いまま残っているトンキンは、自然と高い買取価格を付けることが出来るとのことでした。

ウェッジウッドのトンキンは、その豪華なデザインで僕がとても気に入ってしまったんですが、思ったよりも買取価格が高かったこと、そして金彩が多く使われているので気を使いそうだな、と思ってそのまま買取してもらいました。

僕は紅茶&コーヒーが趣味なんですが、(だからこそ母の食器収集も拍車が掛かるんですが…)あまりにも金彩が多いカップは扱いに慎重にならなければいけないので、最近は専ら焼き物のマグカップです…。

ウェッジウッドのブランド食器「トンキン」とは?

ウェッジウッドのトンキンについて

ウェッジウッドのトンキンは、ルビーとブラックの2種類があるのだそうです! 僕の自宅にあったのはトンキンルビーだけだったんですが、トンキンブラックもきっと綺麗なんでしょうね。きっと輪島塗のような高貴な美しさがあるのではないでしょうか。

ウェッジウッドのトンキンは1930年代から1990年代まで、長きに渡って愛され続けていたシリーズなんですが、既に廃盤になってしまいました。きっと製造コストもかなり掛かっていたんでしょうね。

今回食器買取で買取してもらったトンキンは、カップソーサーのみでしたが、他にもトンキンの花瓶やチュリーン、ティーポットやサラダボウルなどもあるそうです。ですが、既に廃盤済みのブランド食器ですし、入手はなかなか難しいのではないでしょうか。

ウェッジウッドは、ワイルドストロベリーやジャスパーなどの有名シリーズの他、トンキンやアストバリー、フロレンティーンなどのモダンなデザインも数多く展開している食器ブランドです。 食器買取で高価買取できる価値の高いシリーズも多く、さらにウェッジウッドは人気のブランドなので再販価値もあり、良いものは買取価格も高めに付けやすいらしいですよ。

ウェッジウッド食器「フロレンティーン」カップソーサーの買取価格について

ウェッジウッド食器「フロレンティーン」買取価格

食器買取業者で買取してもらった食器のひとつに、ウェッジウッドの「フロレンティーン」という食器があります。 19世紀後半から使われ続けてきたという伝統的なデザインらしく、なんだか物語を連想させるような神秘的な食器です。

インテリアに凝った部屋にウェッジウッドのフロレンティーンがあれば「素敵な趣味の人だなぁ」と思ってしまいそうですよね。

食器買取でのウェッジウッド・フロレンティーンの買取価格は、カップソーサー1客あたり1200円の買取価格が付きました! フロレンティーンは、カップソーサー4客とポットを買取してもらったので、合計14000円の買取価格になりました。思ったより高く売れて、大満足です! カップのうち1客に目立つスレがあったので減額になってしまいましたが、使っていない食器がお金になるのは嬉しいですねー。

ウェッジウッド食器「フロレンティーン」ポットの買取価格について

ウェッジウッド食器「フロレンティーン」買取価格

ウェッジウッドのフロレンティーン、カップだけでなく「ティーポット」も買取してもらいました! 食器買取では品やブランドにもよりますが、カップよりもポットなどの大きな食器のほうが、買取価格が高めにつく傾向にあるそうです。

食器買取でのフロレンティーンのポットの買取価格は、ポット1点で1万円の買取価格がつきました! ウェッジウッドのフロレンティーンのカップも一緒に買取してもらったので、セットとして高めの買取価格を付けてくれたのかも知れません。

ウェッジウッドのブランド食器「フロレンティーン」とは?

フロレンティーンについて

フロレンティーンは19世紀後半からの長い歴史を誇る、ウェッジウッドの定番シリーズです。

ウェッジウッドのフロレンティーンは、16世紀に流行したグロテスク文様を採用し、描かれているドラゴンのような生き物は、ギリシャ神話に登場する「グリフィン」だそうです。 グリフィンって確か、某有名魔法映画にも登場していた空想上の生き物ですよね。フォーマルでどこか神秘的な佇まいの、素敵なブランド食器です。

ウェッジウッドのフロレンティーンは、僕が買取してもらったターコイズブルーの他にも、セージグリーンやインディゴホワイトなど沢山のカラーが展開されていたようです。 中にはプレミア付きの買取価値を秘めているフロレンティーンもあるそうですので、価値が知りたい方は、一度食器買取業者の方へ質問されてみるのをおすすめします!

ウェッジウッド食器「アンセミオン」カップソーサーの買取価格について

ウェッジウッド食器「アンセミオン」買取価格

ウェッジウッドの「アンセミオン」というカップソーサーも、食器買取業者での査定を受け、1客ですが買取してもらっています。

僕が紅茶・コーヒーなどが好きだという話をしたら、友人から誕生日プレゼントに貰ったものです。だけど、その友達とはちょっと嫌な思い出があって距離を置いてしまったので、使わないまま眠ってしまったのでした。 使おうとするたびに何だかもやもやするので、思い切って買取査定に出してみました。

ウェッジウッドのアンセミオンのカップソーサーの買取価格は、カップソーサー1客で6000円の買取価格がつきました! ウェッジウッドのアンセミオンは、男性でも使えるくらい落ちついたデザインだったので、ウェッジウッドの中でも結構人気が高いシリーズみたいですよ。

ウェッジウッドのブランド食器「アンセミオン」の特徴

ウェッジウッドのアンセミオンについて

「アンセミオン」とは、ウェッジウッドのネオクラシック・スタイルの象徴的なデザインだそうで、他にもコロネード模様、ローレルやカメオなどが使われている種類があるそうです。

ネットで調べてみると、どうやら僕が買取してもらったウェッジウッドのアンセミオンは、「アンセミオンブルー」という種類みたいです。 他にも、真ん中にカメオのデザインが配置された「アンセミオンカメオ」という種類も確認できました。 どちらも新古典主義を反映したデザインで、大人っぽい落ち着きがあるブランド食器ですよね。好きな本を読みながら、温かいコーヒーを飲みたくなるような素敵なデザインの食器です。

僕はうまく使ってあげられなかったアンセミオンの食器ですが、新しく良い持ち主の元で便利に使ってもらえると良いな…と思います。 食器買取業者で色々売ると、部屋も気持ちも整理がついてスッキリするので、新しい生活を始めるときなどにもおすすめですよ。 できれば、その人の友達付き合いが末永くうまくいきますように…。

ページ上部へスクロール